2007/09/30



自分の身体ほどあるおもちゃで遊ぶ小さなガルボ嬢


IMG_0090-001.jpg



とっておきの横顔
IMG_0089-001.jpg


迎えてすぐにわかった心疾患

あの時こうすればよかった もっとこうすればよかったという
後悔は今も全く無いけれど
毎日を小さな身体で懸命に生きてたガルボ嬢に
後悔したり嘆いてみたりすることすら失礼に思うからね


でも こうして君が生きた日を追って記すブログが
もう一度君を失う事になり
後悔してるよ…ガルボ譲ちゃん


スポンサーサイト

2007/09/28

ガルボ嬢 40年近い付き合いの幼馴染のところへ



静々と膝の上に抱っこされ
スヤスヤと眠る


彼女に会うといつもチョコンと膝の上に抱っこされ
静かに眠る

ガルボ嬢は彼女が大好きでした。

2007/09/26

犬なり猫なり鳥なりと何かしら生き物が居た我が家

先代のシェパと英ブルが
17年、16年と続いて看取った

特に先代のシェパは 自分が小学生の頃
勝手に連れて帰った犬だったので
散歩は自分で行くという親との約束を守った


シェパを見送ったと同時に 遊びたい年頃だった私は
タコ糸が切れたがごとくさっさと実家を出て 気楽な独り暮らしを満喫していた


そのうち 父が亡くなり 祖父が亡くなり
一人になった母が倒れた事をきっかけに 実家に帰るようになって

老いては子に従わない母と暮らすには
精神的にしんどいと思い およそ10年ぶりに迎えた仔犬


眠る姿すら ただただ可愛いかったガルボ嬢
IMG_0036-001_convert_20120506110524.jpg

2007/09/25

一日の大半を眠って過ごす小さなガルボ嬢

かまいたいところをグッと堪えて


あんまりにも可愛い姿に
何時間でも眺めていた日々

IMG_0026-001_convert_20120430231117.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。